「宗近ゲーム」スタンプラリーカード企画中!


 皆様お気付きでしょうか?
 今月から、四代目始め、スタッフ達のイラストがあちらこちらのチラシに登場しているのを!

 


 昨今の情勢もあり、皆様と直接対面する機会が減っている中、インターネットでの情報発信も重要ではありますが、私たちはそれ以上に人と人との関係・温かみを最も大事にしたいと考えており、地域の皆様とコミュニケーションを図る方法を模索しています。
 その一環として、現在企画しているのが「宗近ゲーム」スタンプラリーカード。

 え??いったい何??
それは、宗近そばのお買い物ついでに「おっ」「クスっ」と笑顔になれるカード!にしたいと思い現在検討中です!

 

 その企画の一環で作成したイラストが何とも愛くるしく、これは色んなところで活用させなきゃ!ということで、今月号から登場です!
 さぁ、一体どのイラストが誰なんでしょう??お会いする機会があれば、ぜひとも当ててみてください!
 そして「宗近ゲーム」もカード完成までもうしばらくお待ちくださいませ!

さよなら冷し中華 調理麺 45年の歴史に幕


今回は、少しローカルなトピック!
 宗近では、毎年定番の「宗近の冷し中華」を50年販売していますが、同じくらい昔から販売していたのが「冷し中華 調理麺」。
 宗近スタッフ達の間では、通称「冷やし中華パック」と呼ばれ、弁当箱のような四角いパックに入っていることから、そう呼ばれています

※調理麺とは?
 すでに茹でた調理済麺のことで、麺袋の封を破って、具材・スープをそのままかけたらすぐに食べられる麺のことです。

 この「冷し中華パック」、地域スーパーで販売されていましたが、それ以外に皆様にご愛用頂けていたワケが!
 それは、地域の小学校で行われている「体育祭」での、みんなのお昼ごはん!
 「体育祭」のお昼時テントの中でお母さんが作ってくれたお弁当を片手に、冷し中華パック!
 いつからか、そんな光景が地域の体育祭では当たり前となりました。
 ふりかけと紅ショウガだけのシンプルな具材でしたが、みんな大好きな味。
 その頃食べた冷やし中華パックの味を求め、「あの体育祭で食べていた冷やし中華はどこで買えるんですか?」
 こんなお声をたくさん頂くのですが、時代の変化による食の多様化、何より学校行事が行われない昨今の情勢が決定打となり、この夏で終売。二代目の時代から製造していた45年の歴史に幕を下ろしました。
 世代を超えて「冷し中華パック」をご愛用して下さった皆様、本当にありがとうございました! 

全国麺類人気ランキング1位!


ふるさと納税ポータルサイトふるさとチョイスにて提供している「宗近そばお試しセット」が全国すべての麺類ランキング日別・週別・月別において1位を獲得しました。
(2021年
   7月26日現在)

 ここに至るまで「蕎麦ランキング34週1位」を獲得していましたが、全ての麺類で1位を獲得することは叶わず、今回ようやく獲得となりました!
 そして今年、光栄なことにふるさと納税返礼品の日本一を決める「ふるさとグランプリ」にも出場が決定しています!
 ふるさと納税によって、宗近そば、そして福井の美味しいものを全国に発信することができて、宗近そばファンが確実に増えていることを実感しております。
 本当にありがとうございます! 

ESSEふるさとグランプリ 出場決定!

 エッセふるさとグランプリとは・・・
「イーエスエスイーエッセ♪」でおなじみの、エッセの読者が全国の魅力溢れるふるさとナンバー1を決める企画です。
 ふるさと納税の返礼品を、明治18年創業の老舗料亭『一の家』にて、会席料理風のコースに仕立てて提供し、読者が試食して審査が行われます。
 現在プレゼンに向けて猛特訓中!
 審査の結果は、追って通信でお伝えしますのでお楽しみに~!

ふく割 使えます!


この度株式会社宗近もふく割の加盟店として参加いたしました。
現在使用可能なふく割はこちら!
 
【ふく割(全店舗)】第1回 使用可能期間:8/27~9/2
※県緊急事態宣言下のため、飲食店での利用はお控えください。
テイクアウトやデリバリーでの利用は可能)
・税込5,000円以上の会計で1,000円割引 ・取得・使用可能期間 8/27~9/2
※取得はおひとり様1回限り
 ※クーポンは1会計につき1枚のみ使用可能です。

超バラエティパック好評につき販売再開!


季節限定で販売中の超バラエティパックですが、

販売終了後もたくさんのお問い合わせをいただいております。

たくさんのお客様からお声をいただきましたので、定価ではありますが、

超バラエティパック販売再開となりました!!!

https://munetika.jp/?pid=151610234

また秋のお得なセットは10月初旬販売開始予定です。

こちらもよろしくお願いいたします。

お盆期間中の休業日について


いつも宗近そばをご利用頂き、誠にありがとうございます。

お盆休みのご案内です。
8月13日(金)~8月15日(日)

上記期間は、受注センター・直売所等、すべてお休みとなります。
(インターネットでのご注文・FAXでのご注文は可能ですが、商品の発送は16日以降となります)
お盆休み期間中は急なご対応が出来かねますので、予めご了承くださいませ。
よろしくお願いいたします。

ふるさと納税 全国すべての麺類人気ランキングで週別1位。 全国そば人気ランキングも32週連続で1位獲得中!


ふるさと納税ポータルサイトふるさとチョイスにおいて提供している「宗近そばお試しセット」が全国すべての麺類ランキング週別(2021年7月20日現在)において1位を獲得しました。
同商品は月別においては2位、また麺類-そば部門においても32週連続で1位を獲得中です!

ふるさとチョイスは、お礼の品掲載数No1(35万アイテム) 契約自治体数No1(1600強)の名実共にふるさと納税ポータルサイトNo1のサイトです。
その中で、「すべての麺類」7294アイテム(7月20日現在)での週間ランキング1位。
ここに至るまで、「蕎麦ランキングで32週連続(現在も継続中)No1」を獲得しましたが、 すべての麺類で1位を取ることはかないませんでした。
その「全ての麺類ランキング」で今週(令和3年7月20日現在)ランキングの1位を獲得しました。
「蕎麦」のカテゴリでもでもふるさとチョイスでは1900アイテム以上あります。

【ふるさとチョイス麺類】https://www.furusato-tax.jp/search/33
【ふるさとチョイスそば部門】https://www.furusato-tax.jp/rank?header=&cat=81#filter

宗近製麺所 出張お蕎麦屋さん


 越前市にあるデイサービス・パワーリハビリアイさんにランチタイムの出張蕎麦屋さんでお邪魔いたしました。
提供したメニューは
 〇おろしそば
 〇江戸屋特製天ぷら盛り合わせ
 〇かつおだしの炊き込みご飯
 11時15分ごろからお昼の口腔体操が始まり終わったらすぐに利用者さんのお昼ご飯タイムです。
 天ぷらを盛り付けてご飯をよそって出来立ての美味しいお蕎麦を楽しんでいただけるように。。。
 「おいしい!おかわり!」のお声をたくさんいただき感謝の気持ちでいっぱいです!

また出張お蕎麦屋さんでお会いできる日を楽しみにしております。
 これからも、地域密着で「美味しい」をお届けできるように頑張ります!

「宗近の冷し中華」復刻版?


 

 先日、倉庫の掃除をしていた時、すごく懐かしいものを発見!!
「昭和46年当時の、冷し中華のパッケージ!」

お馴染みの個食タイプ(個包装)の冷し中華が、スーパーの麺売場にど~んと積み上げられている光景は、もはや福井県ならではの夏の風物詩ですね!

 この「宗近の冷し中華」は昭和46年に二代目「宗近隆基」が、当時は非常に珍しい「個食タイプ」の冷し中華として、販売を開始しました。

 今では福井県内だけで、ひと夏に、なんと62万食も販売する、福井県で圧倒的ナンバーワンの販売数を誇る商品へと成長しました!

 今となっては当たり前の「個食タイプ」の冷やし中華ですが、宗近ではずっと昔の50年以上前から、個食タイプの販売を続けてきました。
「地域の方の生活に根付いた商品づくりをせなあかん!」
 二代目のこんな思いのもと、宗近は加速化する核家族化を先読みし、先駆けて個食化に特化した販売を続けた結果、このロングセラー商品を生み出すことになったのです。

 ちなみに、当初は今のように密封袋ではなくチャック(ファスナー)で、300食程度を手詰めしていました。
「賞味期限」や「原材料」の表記もなく、製造年月日の記載だけという、今では考えられない時代背景ですね。

親から子へ、そして孫へと繋がる。
「宗近の冷し中華」は、これからも世代を超えて愛される商品であり続けたいと、改めて考えさせられる、いいきっかけとなりました。

日々ウララ


四代目の『運命の人』
株式会社さちふる社長との対談

福井県の情報誌「月刊ウララ」のウェブ版サイトで連載中の「麺 トゥ ザ フューチャー」。

 今回は四代目の『運命の人』株式会社さちふる代表 笹川千尋さんとの対談です。

 昨年からのコロナ禍で「できないこと」が多い中「これを機会にできた、やって良かった」ということの一つに“ふるさと納税”があります。
 笹川社長のおかげで認知度も上がり、ふるさとチョイスのそば部門で全国人気ランキング1位を獲得することができました。 

 ビジネストーク中にも関わらず笹川社長への愛が止まない四代目でした。
 詳しい対談の内容は、ぜひ日々ウララをご覧ください。